Kazublog

筋トレ、お酒、エモい・チルい音楽など自分の好きなことを好きなように語っていくブログです。

天職とは何かについて考える

f:id:kazu_bar_2nd:20200903130200j:image

こんばんは、管理人のKazuです。

このブログも慣れてきたとこなので、たまには自分の思ってることをただただ一方的に語り散らすのも悪くないかなって思ったので今回はそういう回です。(笑)

 

もちろんこの意見に対して「違うよ!」って人もいるだろうし「せやな、その通りやで!!工藤!」って人もいると思う。別にいいんです。

みんな違ってみんないいって誰か忘れたけど言ってたしね。

ただ自分はこう思ってますよっていうのを書きたかっただけ。

まぁ前置きはこの辺にしといて…。

 

 

趣味ない人多くない?(笑)自分の周りだけかもしれないけど。

もしくは、あるっちゃあるけどそこまで情熱は注いでないって人。

 

自分の経験上そういう無趣味な人って好きなことが特にないから、学生の時に将来の夢問われたら特にやりたい仕事はありませんって答えてたんじゃないかなって思います。(多分だけどね。)

きつくない仕事ならなんでもいい的な。

 

カーっ!最近の若者はこれだから(笑)

 

僕は多趣味なんで、やってみたい仕事いっぱいありましたけど、家業のこともあるから結局和菓子職人してます。

でもこれはこれで楽しいし、別に不満に思ってないです。

まぁ、いまでもやりたい仕事いっぱいあるけどね。(笑)

バーテンダーとかイタリアンのシェフとかパーソナルトレーナーとかビール醸造家とか。(挙げればきりがない…。)

だから趣味の範囲で、できることには全力でチャレンジしてます。

 

無趣味な人って、ただなんとなく選んだ仕事して、なんとなく過ごして…っている緩い感じがして残念です。

もっと人生楽しめばいいのにって思う。

何かに打ち込むことがないから、他のことにも打ち込めないっていう負の連鎖がある気がします。

 

遊びに一生懸命な人は仕事も一生懸命だ」って言葉があります。

ここでいう”遊び”というのは”趣味”ということにしときましょう。

要するに、趣味に向けたエネルギーは仕事にも使える、”何かに全力で打ち込むことがある人は仕事にも全力で打ち込む”ということを言っているのだと思います。

 

僕は家が和菓子屋なので子供のころからお前は和菓子職人になれって言われてきました。

だから最終的に選んだのは自分ですけど、半分言われるがままですよね。(笑)

でもこの仕事を選んだ以上、やるんだったらちゃんと責任をもって取り組もうと思って、国家試験受けたり店の新商品考える為に連日残業したりってこともやっていました。

別に試験受けたからって給料上がるわけでもないし、新商品考えたからってボーナス出るわけでもないんです。

 

天職”って言葉ありますけど、昔付き合ってた人に言われたことがあります。

天職は自分で天職にしていくんだ」って。

その言葉が今でも心に残ってます。

たまたまその仕事が自分に合ってたんじゃなくて、自分に合うようにその仕事と向き合うって。

 

まぁ言った本人は美容師でしたけど、辞めてどっか行っちゃいました。

向き合えなかったんでしょうね。(笑)

 

結局この記事で何が言いたいかというと、好きなことみつけて何かに打ち込めば人生楽しいよって言いたいのです。

仕事でもいいし、趣味でもいいし何か”全力”で打ち込めるものがあれば、他の所でもやる気がでるよ!ってことです。

 

ではまた次回。